▼タップして記事一覧を表示

最新記事
2017年8月18日
フューチャーズパートナー アメリカ遠征3
2017年8月17日
フューチャーズパートナー アメリカ遠征2
2017年8月17日
フューチャーズパートナー アメリカ遠征1
2017年8月15日
函館大会2017
2017年4月7日
大阪遠征
カテゴリー
月別アーカイブ
フューチャーズパートナー アメリカ遠征32017年8月18日 お知らせ
アメリカ遠征2日目!
2017-08 -18 16:51 ]
フューチャーズパートナー アメリカ遠征22017年8月17日 お知らせ
フューチャーズパートナー アメリカ遠征12017年8月17日 お知らせ

フューチャーズパートである堺ビックボーイズの選手とアメリカ遠征に旅立ちました。

遠征中のビックボーイズブログをそのままシェアさせて頂きます。

 

函館大会20172017年8月15日 お知らせ

函館大会2017
3年生最後の公式戦となる今大会。


 

惜しくも準決勝敗退。
勝敗というよりも、 「1試合でも多く試合がしたい」 学年に関係なく一丸となって挑む姿が印象的でした。

「選手の可能性を決めつけてはいけない」
常日頃から心がけていますが、それにしても今年のチームはそれを強く感じさせられました。

失敗や、悔しい思いもたくさんありました。それらも含め、あきらめず、常に明るく、野球を通じて成長して行く姿に、
何か考えさせられる方も多かったのではないでしょうか。

当然、「勝利する事」は大事な事ですが、改めて「もっと大事な事がある」と感じさせられるチームでした。

言葉で表現するのはむずかしいですが、この空気感は後輩たちが引き継いで行くことでしょう。

みんないい顔してますね。
もっと長くやっていたいけど・・・・。
3年生、3年間ありがとうございました。
さらなるチャレンジを!

そして、チームへのご理解、たくさんのサポートと我慢をして頂いた保護者の皆様、
ありがとうございました。

引き続き彼らの挑戦を見守りたいと思います。

3年間、ありがとうございました

 

 

 

 

 

大阪遠征2017年4月7日 お知らせ

3/26~3/30 大阪遠征

「堺ビックボーイズ」さんと合同練習、練習試合を行って来ました。


天候にも恵まれ、外での練習、出逢いとで最高の合同練習となりました。

最初は明らかに緊張気味でしたが、
ビックの選手達の積極的な姿勢のおかげで、楽しく練習が行えました。
    

 

リラックスムードの中に真剣に学ぼうとする姿勢がとても印象的でした。

 

 

f0209300_17021444.jpg

 

フューチャーズパートナー、理念を共有し進むチーム。
実際に会って交流し、肌で感じる事が一番なのかもしれません。

 

充実した学びの多い2日間となりました。

「野球をやっていて良かった!!」そんな顔してましたね。

選手達もそれぞれが先に繋がる何かを感じ取ってくれたのではないかと思います。
この経験を生かして、もっといいチームを目指して今シーズンを戦っていきましょう。

f0209300_17024146.jpg

今回遠征に賛成してくれたのも、いつも楽しく野球がやれているのも、みんなのお父さん、お母さんのおかげです。

感謝の気持ちを忘れずに取り組みましょうね。

ビックの皆さん、貴重な体験をありがとうございました。

原動力2017年3月18日 お知らせ

3/14 (火)
「ラテンアメリカから学ぶ、選手指導、育成研修会」

日本とドミニカ共和国の違いについてお話を聞く事ができました。

国全体の育成システムの違いがメインでしたが、
とても考えさせられる内容でした。

各世代で短期的な結果を求め、やりすぎ、詰め込みすぎの日本の野球界。
事実として伸び悩みや、潰れていく選手が多い。

一方ドミニカでは、選手のピークを25歳から35歳に設定し、やりすぎない、教えすぎない、飽きさせない。
野球が楽しい。はやく練習したい。結果として多数のメジャーリーガー。

 

たった1度の勝敗ですべてを判断してしまうトーナメント方式。
目先の結果が出るものが正しいと取り組む日々。
球場全体に漂うネガティブな雰囲気。
等々。

 

体力、技術、精神力。
大事なのは理解してます。
しかし、もっと大事な事があるのではないか?

 

10年先を描く・・・
大人も子供も色々な変化が起こる時代、そのスピードが増している事を感じる時代に
現状を打開する力、発想、想像力が必要になります。
野球がすべてではないですが、野球をやっていてそんな力が身付く。

これから高校その先と色々な事に遭遇する中で、
体力、技術、精神力の前に根底にあるもの。

「早くグラウンドに行きたい。野球がしたい。野球が好きだ、楽しい。」

それが原動力となり新たな力が湧く。

 

物事や起きた事実に対して、前向きに捉え積極的に向き合い行動できる。
そんな自らが育む事ができる環境は、将来に繋がるのではないか。

始めよう、やってみよう、恐れず、迷わず。
子供に言うならまずは大人があなたが私がですよね。

 

見て見ぬ振りをしていますが、子供の野球離れは深刻な状況です。
野球界が盛り上がっていけるように、人が集まるように、野球が将来に繋がるスポーツであるために。

「ネガティブな発言をやめる。」

まずはそんな事からでも良いんじゃないでしょうか。

 

 

阪長さんありがとうございました。
これからも共にチャレンジしてけいければなと考えております。
今後ともよろしくお願い致します。

また来週大阪でお会いできるのが楽しみです。

選手指導・育成研修会のお知らせ2017年2月23日 お知らせ

3月14日(火)18:30~20:30 旭川市市民文化会館 会議室

ドミニカ共和国出身の多くの選手達がメジャーリーグや日本のプロ野球で活躍しています。
彼らの活躍は「身体能力の違い」「ハングリー精神の違い」ではなく、「選手指導、育成方法」の違いであることはあまり知られていません。
本セミナーでは、筒香嘉智選手のドミニカリーグ参加を現地でサポートした「阪長 友仁」をナビゲーターに迎え、
多くのメジャーリーガーを輩出してきた海外の育成指導の現場を知っていただき、日本の将来を共に考えます。

latin_america_0314

旭川道北ボーイズでも参加受付を行っております。
定員になり次第受付を終了しますので、可能な限り事前にご予約下さい。

旭川道北ボーイズ 球団事務所 0166-74-5854  担当 宮原

ベースボールミーティング『La Pelota(ラ ペロータ)2017』2017年2月22日 お知らせ

2月18日、19日

大阪府で開催された、
プロスペクト株式会社主催 ベースボールミーティング『La Pelota(ラ ペロータ)2017』
練習見学と「先を見据えた指導」「選手への敬意」をテーマに討論会に参加してきました。

1泊2日の合宿形式で行われた今回。
天気にも恵まれ、南花台グラウンドには約150人の人が集まりました。

IMG_9985

IMG_9942IMG_9943

全国各地から27名、中学硬式、高校野球、販売店、スポーツメーカー、あらゆる分野で野球に携わる方達で意見交換会。
「先を見据えた指導」「選手への敬意」、
指導者の学び続ける姿勢、深さを求め続ける姿勢は、深夜まで続きました。

 

立場上、答えを知っているかのように肩肘を張ってしまいがちですが、力みすぎですね。
力んだら打てません。

 

先を見据え今をどう生きるか。それは子供も大人も変わらないはず。
野球を通じて何を伝えるべきか。

すぐに答えや結果を求めるのではなく、「学び続ける姿勢」が、この先で、色んな場面で、
少しずつ繋がってくる。

 

 

私自身も考えなければいけません。

 

 

2日間を通して皆さんと過ごさせて頂いた時間は貴重な経験でした。
ありがとう御座いました。

 

 

アントニオ・バウティスタ LAドジャースコーチ

『25年以上にわたり野球を指導しているが、野球は毎日新たなことが起き、毎日が新たな発見だ。だから私自身の学びは尽きることなく、野球のことはまだまだ分からない。ただし一つだけ、私にもわかることがある。それは、自分は野球のことを知っているという人は野球のことを何もわかっていないということだけは私も理解している。』

 

1 / 1512345...10...最後 »