▼タップして記事一覧を表示

最新記事
2017年8月24日
フューチャズパートナー アメリカ遠征8
2017年8月23日
フューチャズパートナー アメリカ遠征7
2017年8月22日
卒団生
2017年8月21日
フューチャーズパートナー アメリカ遠征6
2017年8月21日
フューチャーズパートナー アメリカ遠征5
カテゴリー
月別アーカイブ
原動力2017年3月18日 お知らせ

3/14 (火)
「ラテンアメリカから学ぶ、選手指導、育成研修会」

日本とドミニカ共和国の違いについてお話を聞く事ができました。

国全体の育成システムの違いがメインでしたが、
とても考えさせられる内容でした。

各世代で短期的な結果を求め、やりすぎ、詰め込みすぎの日本の野球界。
事実として伸び悩みや、潰れていく選手が多い。

一方ドミニカでは、選手のピークを25歳から35歳に設定し、やりすぎない、教えすぎない、飽きさせない。
野球が楽しい。はやく練習したい。結果として多数のメジャーリーガー。

 

たった1度の勝敗ですべてを判断してしまうトーナメント方式。
目先の結果が出るものが正しいと取り組む日々。
球場全体に漂うネガティブな雰囲気。
等々。

 

体力、技術、精神力。
大事なのは理解してます。
しかし、もっと大事な事があるのではないか?

 

10年先を描く・・・
大人も子供も色々な変化が起こる時代、そのスピードが増している事を感じる時代に
現状を打開する力、発想、想像力が必要になります。
野球がすべてではないですが、野球をやっていてそんな力が身付く。

これから高校その先と色々な事に遭遇する中で、
体力、技術、精神力の前に根底にあるもの。

「早くグラウンドに行きたい。野球がしたい。野球が好きだ、楽しい。」

それが原動力となり新たな力が湧く。

 

物事や起きた事実に対して、前向きに捉え積極的に向き合い行動できる。
そんな自らが育む事ができる環境は、将来に繋がるのではないか。

始めよう、やってみよう、恐れず、迷わず。
子供に言うならまずは大人があなたが私がですよね。

 

見て見ぬ振りをしていますが、子供の野球離れは深刻な状況です。
野球界が盛り上がっていけるように、人が集まるように、野球が将来に繋がるスポーツであるために。

「ネガティブな発言をやめる。」

まずはそんな事からでも良いんじゃないでしょうか。

 

 

阪長さんありがとうございました。
これからも共にチャレンジしてけいければなと考えております。
今後ともよろしくお願い致します。

また来週大阪でお会いできるのが楽しみです。